野田塾から4年連続グランドチャンピオン-全国模擬授業大会 (栃木大会)

20190526top2

全国模擬授業大会で野田塾の渡辺がグランドチャンピオンに!

2019年5月26日(日)、栃木県の足利市で「全国模擬授業大会2019」が開催され、野田塾数学科教師の渡辺昌宏が総合優勝(グランドチャンピオン)に輝きました。また、英語科部門の野田塾の高萩一平、社会科部門の池内亮も教科部門別チャンピオンの座を獲得。さらに、団体戦でも野田塾が昨年に引き続き、連続優勝し、授業力の高さが証明されました。

全国から集まった講師が熱演する中、総合優勝した渡辺昌宏!

 5月26日に、全国の学習塾の教師が参加して開催された、「全国模擬授業大会 2019(栃木大会)」。この大会は、日頃の研鑽の成果を競い、講師の指導技術を高めることを目的に、毎年夏に足利市で、秋に名古屋で開催されています。当日は、全国から集まった塾教師がエントリーし、指導技術を競い合い、各部門別チャンピオン、グランドチャンピオンをめざして、熱演が繰り広げられました。
 野田塾数学科の渡辺は、三平方の定理を利用した、正三角形の面積の導き方と、これを応用した正六角形の面積の導き方を、全身を使ったアクションをまじえて解説し、数学科部門チャンピオンとなりました。その後、部門別チャンピオンが授業力を競い合う最終の決勝戦に進出。みごと総合優勝(グランドチャンピオン)に選ばれました。

英語の高萩・社会の池内も教科別優勝!

20190526TI
 英語科部門では高校生が迷う時制の問題のうち、現在形が習慣や変わらない事実を表すことをわかりやすく解説した高萩一平が、英語科部門チャンピオンに選ばれました。
 さらに社会科部門でも、近畿地方、特に大阪の産業基盤の復権を、近い将来に予定されている大阪万博の経済効果に絡 めて解説した池内亮が社会科部門のチャンピオンに輝きました。

さらに団体戦でも野田塾が連続優勝!

20190526team
 球体の体積と面積の公式の導き方アカデミックに解説した数学科部門の毛利尚義、血液の成分をわかりやすく解説した理科部門の伊藤祐真。 野田塾の教師陣の授業はどれも高く評価され、団体優勝も連続で獲得。今年も野田塾の授業力の高さを証明しました。